香住で宿泊する

観る

万燈の火祭り

万燈の火祭り

厄除け「万燈の火祭り」の由来

愛宕神社は、香住区三谷の三柱神社の境内に小宮としてお祀りし、守護神社として崇められています。 天明・寛政(1782~1802)頃、火災、風水害に加えて疫病が発生、住民は苦しい、貧しい生活を余儀なくされ、苦しい時の神頼みで、各地の神社にお参りしました。
そんな中で、住民はこぞって京都の愛宕神社に参詣しご分霊を懇願しました。念願叶い当地にお祀し村内の無事平穏を念願したといわれ、それ以来毎年7月24日は、愛宕講が組織され、五穀豊饒、無病息災を祈念し、万燈の火祭りが実施されて参りました。

昭和30年ごろ、火祭りの麦藁の確保が困難となり中断されていましたが、昭和59年、約30年ぶりに復活する事ができました。
それ以来、素材の麦藁は神崎町の方のご協力を得て十分な量が準備できて毎年盛大にお祭りをおこなえるようになりました。

平成15年は復活20周年の記念すべき火祭りを迎えることができました。
火祭りの様子です。


万燈の火祭り 万燈の火祭り

行事 万燈の火祭り
日時 毎年7月下旬
場所 三谷矢田川河川敷
JR山陰本線香住駅から全但バス村岡行、三谷下下車


香住の観光スポットや伝統行事など、見る・遊ぶ・学ぶ・体験することで香住を120%楽しんでください。

香住は松葉蟹や但馬牛をはじめ海・山の食の宝庫特産品の紹介や、香住のグルメスポットなどを紹介します。

温泉・カニ・マリンスポーツ…「日帰りでは物足りない」香住の宿泊施設をご案内いたします。

香住ふるさとまつり
臼ヶ浦海水浴場
マリンアトラクション
たじまわる
山陰海岸ジオパーク
餘部鉄橋の歴史
かえるじまん
香住でお宿さがし
香住旅館組合
レンタカー周遊