香住で宿泊する

観る

大乗寺


大乗寺

大乗寺円山応挙:享保18年、丹波国(京都府亀岡市)で農家の次男として生まれました。
応挙は絵を売りながら暮らしを支え絵を学んでいた時、大乗寺の住職・密蔵(みつぞう)上人と出会いました。
上人はまだ無名であった応挙の才能を見抜き、即座に学費を援助しました。
応挙は江戸へ赴き修行を経て描写画を確立し、画壇の頂点へ登りつめました。

天明7年、当時55歳の応挙は古くなって改築の時期がきていた大乗寺伽監の話しを聞きつけました。
以来8年間、5回にわたって大乗寺を訪れ、子や弟子の呉春・永沢芦雪らとともにご恩返しとして、多数のふすま絵や軸物を描いたと伝えられています。

客殿13室に障壁画として165面も描かれ、すべて国の重要文化財に指定されています。

また、大乗寺では写経や写仏、着物体験などの体験もしていただけます。
くわしくは、こちらのページをご覧ください。


拝観時間 9:00~16:00(最終受付15:40)
休 み 不定休
拝観料 大人800円 小人500円 ※団体割引あり
住所 兵庫県美方郡香美町香住区森860
TEL (0796)36-0602
ホームページ http://www.daijyoji.or.jp/main/


香住の観光スポットや伝統行事など、見る・遊ぶ・学ぶ・体験することで香住を120%楽しんでください。

香住は松葉蟹や但馬牛をはじめ海・山の食の宝庫特産品の紹介や、香住のグルメスポットなどを紹介します。

温泉・カニ・マリンスポーツ…「日帰りでは物足りない」香住の宿泊施設をご案内いたします。

たじまわる
山陰海岸ジオパーク
餘部鉄橋の歴史
かえるじまん
香住でお宿さがし
香住旅館組合
レンタカー周遊